アウトプットを最大限活かす方法とは?

アウトプットを最大限活かす方法とは?

アウトプット(output)とは、出力や成果物、結果などを意味します。一方で、情報を内部に取り込むことをインプット(Input)といいます。ここ最近、仕事や自己の成長においてアウトプットが重要視されるようになってきましたが、そもそもなぜ注目されているのでしょうか?反対に、知識を自分の血肉として取りいえるインプットを、ないがしろにしてしまっても良いのでしょうか?今回は、このような疑問やモヤモヤ感を解消しつつ、最大限のパフォーマンスが発揮するためのおすすめのアウトプット法についてまとめてみました!

ビジネス用語としてのアウトプット

ビジネスの世界でよく耳にするアウトプットは、コンピューターで使う出力という意味だけでなく、内部から外部へ向けた行動の総称として用いられています。たとえば、”話す”、”書く”、”うなずく”などがあります。

外部に向けた行動は、必然的に自発的になるため、行動に対する効果が高く、アクティブラーニングにも応用されています。

 

このように、自発的な行動によって得られる結果や成果がアウトプットのメリットとなります。

 

 

反対に、

 

長時間人の話を聞いていても、どうしても頭に入ってこない

 

という現象の背景には、受動的な行動は知識や経験として蓄積されにくい傾向があります。そのためよりメリットの多い、つまり費用対効果が高いアウトプットの方が、インプットよりも重要視されているのではないでしょうか。

 

まただからこそ、仕事で求める”よい結果”を生み出していくためには、アウトプットが大事なのです。

 

アウトプットとインプットの関係とは?

 

じゃあアウトプットだけしてれば良いのでは?

 

そう考える人がいるかもしれません。

 

ですが、ちょっと待ってください。

想像してください。

 

ずーーーーっとパンチを打ち続けるボクサーを。

 

boxing_output

 

苦しそうですよね。

 

パンチを打つ(アウトプット)だけでは、限界があるからです。試合中であっても、ボクサーは時に手を休めなければなりません。これは、次の一手のために自分自身に酸素というエネルギーを吸収するためです。

 

このように、アウトプットとインプットはいわば呼吸のような関係です。深呼吸でパワーがみなぎってパフォーマンスが上がるように、質の良いインプットはアウトプットの質をも向上させることができるのです。

 

さらには、質の良いアウトプットは質の良いインプットをよびこむため、この良循環によって自分自身や組織の成長が期待できるのではないでしょうか。

 

 

実践あるのみ!おすすめアウトプット法

 

最大限のパフォーマンスを発揮するには、自分好みのアウトプット法を見出していくことに他なりません。そのため、まずは下記に習っておすすめアウトプット法を実践してみてください。その中で、より高いパフォーマンスが発揮できるよう、カスタマイズしていくことが重要です。

 

書く

まず、アウトプットで大事なのが”書く”という行動です。頭の内部の情報群の中で、書く対象をチョイスし、手を使って書き、目で言葉を見るという、脳にたくさんのシグナル、情報が入力される行為です。あらゆる角度から脳が刺激されるため、効率よく情報が知識としてインプットされやすくなります。

 

さらに、数学の試験で、とりあえず手を動かして書いていると無意識に解答に近づくように、シナプス(神経細胞)同士のシナジーによって、思いもよらなかった成果物(アイデア)が得られるかもしれません。

 

声に出す

言葉という情報を、自分の血肉、知識として吸収するためには声に出すのが一番です。よく天才な人は独り言を発するといわれていますが、それほど声に出すことが、質の高いアウトプット&インプットだと云えるのでしょう。

 

聞く

聞くことも立派なアウトプットです。大切なのは、ただなんとなく聞くという”質の低いインプット”ではありません。

聞きながら、自分の言葉に置き換える(アウトプット)こそが非常に大事なのです。

 

もし可能ならば、話を聞く前に興味をもちそうなポイントや、こちらが知りたいことを意識しておくとよいでしょう。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
最後に、今回取り上げた「アウトプットを最大限活かす方法」をまとめてみました!

 

アウトプットについて

・内部から外部へ向けた行動の総称(話す、書く、うなずく等)
・良い結果を出すためにはアウトプットが大事

アウトプットとインプット

・呼吸のような関係、表裏一体
・質の高いアウトプットが質の高いインプットにつながる

アウトプットを最大限活かす方法

・まずは素直に実践あるのみ
・何度も繰り返して自分に合ったアウトプット方を見出すこと
・まずは3Kからはじめよう!(書く、声に出す、聞く)